電気代節約

電気代値上げの嘘を専門家が暴露。報道よりも電気代の負担は大きいはずです。

更新日:

国や新聞やお店での電気代の数字、そのまま信じていませんか?

 

発表する側の都合のいい数字が出るように計算されていることがほとんどです。

100%デタラメではないにしても、
電気と省エネを専門にしている人間から見ると、
「それはもう嘘だろう」と思えることも多いです。

 

ここでは、

  • 電気代の値上げで発表している数字の

をご紹介いたします。

 

4分もあれば読めますので、
ぜひ参考されてください。

自己紹介

30代後半男性

  • 電気・省エネの専門家として働く
  • 所有資格:電気主任技術者、エネルギー管理士

 

 

電気代の数字は発表者側の都合が含まれている場合が多い

結論

  • 電気代の値上がりは金額が少なく報道されている。
  • 電気代は毎月のように値上がりしていて、家計の負担は増えている

 

SNSが発達してきて、世の中で発表されることや数字って何らかの力が働いていたり、うのみにしてはいけないことに皆さんうすうす気が付いてきているのではないでしょうか。

 

これって電気代に関しても同じなんです。

発表される数字や、試算された数字は鵜呑みにしていけません。

 

最近電気屋が感じた、明らかに嘘だろと感じた電気代の値上げに関する数字を紹介していきます。

 

 

 

電気代の値上がりは金額が少なく報道されている

 

2018年、実は電気代は毎月のように上がっています。

一部を紹介します。

4月分電気代値上げ報道

電力・ガス大手、4月も全社値上げ 2ヵ月連続

電力大手10社と都市ガス大手4社は27日、原燃料価格の変動を料金に反映する原燃料費調整(燃調)制度に基づく4月の料金を発表した。

石炭や原油、液化天然ガス(LNG)の輸入価格が上昇した影響で、電力・ガス大手は全社が値上げする。電力・ガス大手全社が値上げするのは3月に続き2カ月連続となる。

出典:日本経済新聞 2018年2月27日 

 

8月分電気代値上げ報道

出典:朝日新聞DIGITAL2018年6月28日

 

9月分電気代値上げ報道

電力大手10社は27日、9月の電気料金を引き上げると発表した。

標準家庭の月額料金で前月比29~73円高くなる。火力発電の燃料となる原油や液化天然ガス(LNG)の価格上昇を反映しており、全社値上げは2カ月連続。

出典:jijiドットコムニュース7月27日

 

ええっ、こんなに値上がりが続いてたの知らなかった
倹約家さん

電気屋
そうなんですよ。これだけじゃなくて5月も値上がりしてるんですよ。

 

東京電力8月の数字を見てみます。

「平均的な家庭では1ヵ月に260kWhの電気を使用し、37円値上がりします」と書いてます。

この数字は、どの新聞を見ても同じです。

この数字だけみると、あまり危機感を持たなくてもいいように感じます。

 

電気屋
でも、その数字が嘘だったとしたらどうなりますか?

えっ、どういうこと?
倹約家さん

 

 

 

「平均的な家庭」の設定がおかしい

 

注目してほしいのは、「平均的な家庭」での1ヵ月の電気使用量が260kWhになっていることです。

この使用量こそ私が嘘だろ、と感じた部分です。

2人以上で暮らしている人は、1ヵ月の電気使用量が260kWhは余裕で超えているはずです。

 

試しに電気の請求書を見てみてくださいs。

電気をあまり使わない春や秋でも500kWhくらい使っているのではないでしょうか。

本当だー
倹約家さん

 

電気屋
1ヵ月の電気使用量が少なく設定されている意味は何でしょうか?

そんなのわからないよ・・
倹約家さん

電気屋
1ヵ月の値上げの数字が小さくなるのです。

 

平均的な家庭で260kWh使うとすると、1ヵ月37円値上がりします。

これが実際は倍の520kWh使っているとしたらどうなるでしょうか。

発表されている数字の倍、74円の値上がりになります。

一人暮らしでない限り、新聞報道の倍の金額の電気代が値上がりしていると考えるべきです。

 

電気屋
値上がりのインパクトをなるべく小さくし、無関心でいられるように

「平均的な家庭の電気使用量を少なく設定している」とも考えられませんか。

 

 

 

国が試算している数字も設定がおかしい

 

1ヵ月の電気使用量の数字が少なく設定されているのは新聞だけでしょうか?

実は国の試算も少ない設定であると感じています。

 

新聞報道では1ヵ月あたり260kWhになってますが、経済産業省つまり国はH27年時点で290kWhと計算しています。

 

一般家庭のモデルケース(東京電力)での1カ月あたりの電気使用量は290kwh。

出典:電気料金の水準 H27年経済産業省資源エネルギー庁

 

どちらにしても、「平均的な家庭」の電気使用量とは言えない少なさと感じています。

 

 

国や報道機関をバッシングしたいわけではない

私がここで言いたいことは、決して報道や国を批判したいわけではありません。

出されている数字をうのみにせず疑問をもつ必要があるのではないでしょうか、ということです。

 

 

 

電気代の値上がりにはもっと危機感をもつべき

 

石炭や原油、液化天然ガス(LNG)の輸入価格は上昇を続けています。

これに伴い、今後も電気代は値上がり基調だと考えられます。

 

毎月のように値上がりを続ける電気代。

一人暮らし以外の家庭では、報道されている倍の金額が実質値上がりしている。

そう考えると恐ろしくないですか。

毎月自覚がないまま固定費が100円近くも上がっているのです。

 

電気代に関してもっと関心をもつべきだと感じています。

 

 

「簡単」「確実」に電気代を節約できる方法

 

世の中に色々電気代を節約する方法は紹介されてますが、どれも我慢が必要です。

エアコンの設定温度をかえたり、いちいち電源を抜いたり・・・。

 

最後に専門家らしく、我慢せずに設定を変えるだけで「確実に」電気代を節約できる方法を紹介します。

 

電力会社を「新電力」の会社に変更するだけです。

 

私が一押しのHIS電気では使用料が一律5%安くなります。

電気代の値上がり分を吸収してさらに安くなるはずです。

 

安定の5%OFF(無料で簡単)

HIS電気で電気代5%OFF

いろんな電力会社の比較して、最安値の電力会社を見つけたい方はこちらが便利です。

目指せ最安値!(無料で簡単)

電気料金プラン比較サイト

 

ぜひ参考にされてください^^

 

 

固定費節約、家計を楽にしたい人へ

宝くじ付き電力サービス

こんな方におすすめ

  • 節約したい人、夢を持ちたい人
  • 長所:半年に一度宝くじをもらえる
  • 短所:オール電化住宅は適用外

最安値の電力会社を選びたい方へ

こんな方におすすめ

  • 電気代を最安値まで下げたい人
  • 長所:様々な料金プランが比較でき、最安値がわかる
  • 短所:WEBで完結せずに、電話でのやり取りが必要

最安値のガス会社を選びたい方へ

こんな方におすすめ

  • ガス料金を最安値で契約したい人
  • 長所:様々な料金プランを比較し、最安値で契約できる
  • 短所:都市ガスは適用外

よく読まれてます

1

「何で新電力に変更したら電気代が安くなるんだ?危ないんじゃないのか?」 これ、省エネ担当の責任者だった私が、会社員時代に役員さん達から散々言われた言葉です。   2016年4月に電力の完全自 ...

2

「スマホの充電がきれて連絡が取れなくなってしまった。」 「大事な打ち合わせがあるのにノートPCのバッテリーがきれた」 そんなとき駅や建物でコンセントを発見して、「あーよかった」で充電をする。 ちょっと ...

3

「新電力に切替をしたいけど、どの会社を選べばいいか分からない」 「新電力にすると安くなるって聞いたけど、よく分からないし、面倒くさそう」   電気のことはハードルが高いのも、仕組みを勉強する ...

4

毎年災害レベルの暑さが続くのに、小学校でのエアコンの設置率はどうなっているの? エアコンの設置が進まないのはなぜ?子どもが心配なんだけど。   小学校の現場でエアコン設置率に差があるのを目に ...

5

何となく知らないだけでお金を損していることの代表に電気代があります。 電気の専門の電気屋から見ると、本当にもったいないです。 エアコンを我慢したり、照明を細かく消すよりも効果があって簡単にできることを ...

-電気代節約

Copyright© 電気代を節約し海外旅行にいこう!我慢なし!節約できる2つの方法 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.